MusicmanEVH TransGold (1995年製)



表示されない場合は更新↓↑をクリック



SPEC
Body :Back.Basswood
         Top.Quilted Maple
Neck :Birdseye Maple
FingerBoard :Birdseye Maple

F.PU 
:Dimarzio HH-2
R.PU :Dimarzio HH-2(F-space)

BRIDGE :Goto FroydRose Tremoro

Control :1vol 1select SW

2007年暮れにその頃店員だった楽器店にて15万ほどで購入。
格安なのには訳がありフロントにSeymourDuncan TB-4 リアにDimarzio DP100(super distorsionFスペース)という状態でした。さらにナットもタケウチ製のロックナットに交換されており
ネックは波打ってしまっているなど実に手のかかる子でしたが苦心の末オリジナルに近い状態まで戻しました。

 

表示されない場合は更新↓↑をクリック表示されない場合は更新↓↑をクリック

しかしパーツ探しの途中で非常に勉強させられた1本でもあります。
例えば本モデル専用として開発されたEVH、AXIS専用Dimarzio製PUですがEVHとAXISでは仕様が異なることが分かりました。PU裏からベースプレートにボビンを留めるネジがマイナス溝ならEVHのもの、+溝ならAXISのものです。またEVHのリード線が2芯なのに対しAXISは4芯となっています。ただ例外的にEVH廃止後AXISに移る過渡期のモデルにはごく少数2芯のモデルが存在するようです。裏にはパテントNO.の代わりにPatentAplyedForというシールが貼ってありました。自分が使っているのがそのモデルですが特にフロントの音が太く丸いのが特徴です。
AXISのPUの大きな特徴としてはDP〜〜〜などのモデル名の代わりにフロントならF1、リアならB1と刻印されており、ベースプレートは黒なのが大きな特徴です。抵抗値は概ね16,3〜17.5kΩの間となっておりヴィンテージPAFをシミュレートしたという話とは裏腹に(PAFは5〜6kΩ)高出力のスペックとなっています。

さすがEddie Van Halenのシグネイチュアモデルだけありフロイドローズのギターでありながらクリーントーンが綺麗に出てくれるギターなので、Rockだけでなく様々な音楽に順応できるトーンが出せます。極薄のラッカートップから来る鳴りの良さ、無駄にハイパワーなだけでないPUなど非常に味わい深いギターです。
実は高校の頃初めて買ったエレキギターがこのMusicmanEVHだった私。色も同じトランスゴールドです。
その頃は経済力と実力が見合わずすぐに売却してしましましたが後悔していました。
出来れば今度はトランスブルーかブラック、レッドが良いと思っていたのですがこれもめぐり合わせなんでしょうか。
現在メインギターです。

back 
home

inserted by FC2 system