Barber Electronics Burn Unit

表示されない場合は更新↑↓をクリック

近所にあるリサイクルセンターにて何も書かれていない何のエフェクターかも分からぬ小さな箱を発見し
安かったのでどんな音がするのだろうと冒険心をくすぐられ購入して家に持ち帰ったところ音が出ない…
返品しようかと思案しましたがとりあえずいくらくらいするものなのか調べてみることにしました。
なにせ手がかりは裏面のシールのみ、かなり古そうなものだしまだ営業しているのかと不安に駆られながらも電話してみると…繋がった!
とりあえず鑑定だけしてもらい安かったら直さずに返品しようと思ったのですが、工房見学も兼ねて荒川のRC BOOSTERで知られるXOTICやANALOGMANの輸入代理店として有名なPCIさんにお邪魔致しました。表示されない場合は更新↓↑をクリック

鑑定の結果2003年くらいに取り扱っていた超初期のBARBERのBURNUNITというオーヴァードライブペダルと判明、
嬉しいことに定価\45,000です。これはエビで鯛を吊り上げました。ついでに特殊部品のトラブルで直せないと困るのでトラブルの原因も聞いちゃったんですが軽い電源系のショートのみですぐ直るそう。せっかくの高いペダルで本来の音で使いたいということで念のためオーバーホールをかけてもらうことにしました。なんだかんだ来ると結局こういうことになっちゃいます(汗)。
で音色はゲインは高くないもののピッキングニュアンスを良く出してくれる枯れたトーンが極上のペダルでした。期待とはちょっと違ったかな。
ブースターとして使うとアンプの音がウォームで太くなりいい感じです。
皆さんも近所のリサイクルに行ってみると思わぬ掘り出し物があるかもしれませんよ。

<サウンドサンプル>
back
home

inserted by FC2 system